ブログ(社長の部屋)

【2019.09.19】 社会活動

 こんにちは、代表の宮城卓朗です。以前から気になっていたことがあり、実は世界の貧困問題です。日本も不況と言われ確かに全国的に所得が下がっています。

 それでも日本では、全ての子供は学校へ行けます。字が書ける読めるから新聞を読んで意味を理解する事が出来、算数が出来るから専門職の資格を取る事も出来ます。自分の未来を自分で切り開くために欠かせない基礎を日本の子供達は皆身に付ける事が出来ます。世界にはそれさえも出来ない子供達がいるのです。これはショックな事実です。

村に井戸が無ければどおやって井戸を作るのか?私達は本を読み、インターネットで調べることも出来ます、それさえ出来ないなんて
 これでは社会地域全体に力が生まれません、以前からずっと気になり、いつか支援が出来るようになりたいと思いつつ、このモヤモヤする気持ちをどおしたらよいのか?
我慢出来ず、ついに先日、支援団体へコンタクトを取り資料を取り寄せてしまいました。思ったより少額の支援から始められることが判り、関係者へご迷惑をかけないことを約束し支援を決意します。