実績一覧

リフォーム施工例

那覇市楚辺のアパート

二階建てアパートにて一階の部屋に雨漏れがあり、止水防水外壁ひび割れ補修、塗装工事を行いました。屋上スラブ面は過去にウレタン防水が施工されているため、防水層のトップのみの塗り替えを壁に細かな亀裂があり、亀裂から階段面を伝って雨漏れが発生していると考えられたため、壁面の亀裂補修、防水塗装工事を提案致しました。その他、ベランダへの水たまり、軒裏のひび割れを共に修繕して欲しいとの依頼があったため、ひび割れ補修工事、水たまりの解消工事も行いました。

  • ヒビ割れのハツリ、赤い色は過去の補修工事の後です。 鉄筋の錆、コンクリートの中性化が見られます。

  • 鉄筋の錆へ錆止めを塗ります。鉄筋以外の場所へ錆止めを広げないことが大切です。

  • 鉄筋の錆へ錆止めを塗ります。鉄筋以外の場所へ錆止めを広げないことが大切です。

  • コンクリートの中性化部分へ中性化防止塗材 固着増強防水材を塗ります。 ビスで補強をしていきます。特種軽量モルタルで左官していきます。このような工程での補修工事により十分な耐久性が発揮出来ます。

  • コンクリートの中性化部分へ中性化防止塗材 固着増強防水材を塗ります。 ビスで補強をしていきます。特種軽量モルタルで左官していきます。このような工程での補修工事により十分な耐久性が発揮出来ます。

  • 枠組をおこなっているとことです。

  • 左官の仕上げ後です。

  • 左官の仕上げ後です。

  • 塗装の仕上げ後です。

  • 高圧洗浄の後プライマー、ウレタン防水層になります。この階段裏側への雨漏りがありましたので防水工事を致しました。

  • ウレタン防水層の後に断熱材を施工します 。雨風、日差しからウレタン防水層を守る役割があります。スーパートップ遮熱には高い遮熱効果があります。又耐久性に優れているため、弊社ではおすすめ しております。

  • ウレタン防水層の後に断熱材を施工します 。

  • 壁の左官が薄く、壁へヒビ割れが発生しております。雨水の浸入が見られましたので弾性塗装をお勧めしました。防水効果があります。特に左側壁のひび割れは大きいため主な雨漏れ原因になっていると思われます。

  • 施工前

  • 壁は弾性塗装をマスチックローラーによりゆず肌模様仕上げになっております。塗膜に厚みが出来るため防水効果が高くなります。

  • ベランダ面
        植木は排水口を伝い地面まで根が生えていました。水勾配が悪いため、トイパイプ場所を少し 移動し新規に取り付け致しました。

  • ベランダ面
          植木がなくなり、塗装、防水工事を施工しキレイなイメージへとなりました。 

  • ベランダ面 
    水溜まりが強いため、 勾配調整から、新規排水口の取り付けを提案致しました。

  • 屋上スラブ 施工前

  • 屋上スラブ 施工後

0120-106-317